Choole(チュールウエディング)は、新しくトキハナに生まれ変わりました

結婚式関連情報をお届け|トキハナ(旧:Choole[チュールウエディング])

また会いたいと思える人が増える。結婚式をさらに楽しむために重要な信頼できるスタッフ像とは?|アーカンジェル代官山 取材記事

Share

近年、結婚式の満足度を左右する要素のひとつに、式場スタッフの存在が挙げられます。ふたりらしい結婚式をつくるためには、より柔軟な対応力を持ったスタッフと出会えるかどうかがとても重要です。 とはいえ、ほとんどの人が初めて式場を訪れ、そしてその式場のスタッフさんと顔を合わせます。信頼できる人かどうか、見極めるのは難しいですよね。 そこで今回は、式場を見学した日から結婚式当日までをしっかり見守ってくれるプランナーがいる「アーカンジェル代官山」への取材を通して、信頼できるスタッフの共通点を探ってきました。(取材:トキハナ 編集部/文:クリス)

1. 最初から最後まで、ふたりの味方。一顧客一担当制の結婚式にある安心感

ほとんどの人が、結婚式を挙げると決めたら式場見学に行くと思います。そしてその式場に決める理由は、設備やそこでできる演出などさまざまでしょう。

そんな中で最近は、式場選びの決め手に「式場を案内してくれたスタッフ」を挙げる人が増えています。
しかしいざ打ち合わせをはじまると、担当者が別の人だったということも珍しくないのです。

どうして担当者が変わるのかというと、式場の中には式場案内と打ち合わせの分業制をとっているところがあるから。分業制の場合、プランナーが結婚式のプロデュースに集中できる体制を整えていると言えるので、打ち合わせの予約が取りやすいというメリットがあります。

しかし案内してくれたスタッフさんでその式場を選んだのに、途中で担当が変わってしまうのはちょっと、と思う人もいるでしょう。そんなおふたりには、今回取材をした「アーカンジェル代官山」のような、一顧客一担当制の式場がおすすめです。

一顧客一担当制なら、式場見学で「この人に私たちの結婚式をお願いしたい」と思ったプランナーに、最初から最後まで自分たちの結婚式を見守ってもらえます。
また本来あってはなりませんが、担当者が変わることにより生じる引継ぎ不足がないため、「前も伝えたはずなのに……」という事態も起こりにくいのです。

なにより一顧客一担当制の場合、担当プランナーさんは、式場見学時のふたりの様子を見てくれています。どんなところを目を輝かせてみていたか、どんなところで質問されたかといったおふたりの様子をプランナーさん自身が覚えているので、提案にも見学時のふたりの期待感が反映されやすいのです。

見学時の新鮮なワクワク感を知っている人に任せられる安心感はきっと、結婚式が終わるまでずっとふたりを支えてくれるでしょう。

出典:アーカンジェル代官山

 

2. わがままではありません! ふたりの理想をかなえたいプランナーは「無理」とは言わない

結婚式の右も左も分からないおふたりにとって、心強い存在である式場スタッフ。しかし、「式場スタッフとの相性が悪かった」「やりたいことがあったのに“できません”の一言で片付けられてしまった」というような話も耳にします。

もちろんどんな式場にも規定や動かしようのない式場設計があるため、やりたいことすべてを盛り込むのは難しいかもしれません。
しかし相談した内容に対して「できません」と回答されてしまうと、本当にこの式場で理想の結婚式が挙げられるのか、不安に思ってしまいそうですよね。

今回取材した「アーカンジェル代官山」は、結婚式を楽しみにしているふたりの気持ちを最優先に考えるプランナーさんがそろっているので、多くの新郎新婦にスタッフ力でも支持されている式場です。

もちろんアーカンジェル代官山にもルールや変えられない式場の構造があるため、おふたりのリクエストを実現するのが難しいこともあります。
しかしアーカンジェル代官山のプランナーさんたちは、どんなに難しい相談でもいったん宿題として持ち帰り、本当に規約の範囲内でできないことなのか、また他のアイディアはないかをしっかりと考えぬき、おふたりの想いを実現するために最前を尽くしてくれるのです。

だから「私たちの想いに真剣に向き合ってくれた」「正直難しいかなと思ったけれども、私たちが思いつかなかったアイディアで理想を形にしてくれた」という、新郎新婦からの喜びの声が届くそう。

おふたりの想いを形にしたいと思っているプランナーに共通しているのは、無理難題とも捉えられかねない要望を、決してわがままとは考えない姿勢。変えられない式場のつくりやルールの中で、ふたりが理想とする結婚式をつくるために考えを巡らし、他のスタッフの力も借りながら、最善の提案をしてくれる人たちなのです。

出典:アーカンジェル代官山

 

3. 結婚式が終わっても思い浮かぶあの人。すてきなスタッフとの出会いがふたりの人生を豊かに

プランナーさんや式場スタッフが考え抜いた提案で満足いく結婚式を挙げられた新郎新婦が、共通して言うことがあります。

「○○さんのおかげで、とてもいい結婚式ができた」
「また、○○さんに会いたい」

このように結婚式が終わってからも、スタッフの皆さんとつながっていたいと思うカップルが、近年増えているのです。そして、そんなおふたりの願いをかなえてくれる式場も増えています。

例えば、ホテルウエディング。思い出の場所に宿泊して、記念日を祝えます。レストランウエディングなら、両家そろって、子どもと一緒に、結婚式で味わった料理で祝いの席を設けられるところも。
また本来、結婚式のためだけにつくられた専門式場やハウスウエディングの会場も、最近は式を挙げたふたりに気軽に帰ってきてもらえるよう、食事会や各種イベントを開催するところも増えています。

「アーカンジェル代官山」も、アニバーサリーレストランという“いつでも思い出の場所に帰ってこられる”取り組みを始めた式場です。
この取り組みは、1年、2年、3年、そして十数年、数十年後。結婚式を挙げたあとのおふたりの人生にも寄り添い続ける式場でありたいと始まったんだとか。

結婚式を挙げた聖地に帰ってこられる喜び、そして一緒に結婚式をつくった仲間ともいえるスタッフさんたちと再会できるこの機会は、大好評。
取り組みを始めたとたん、すぐに予約枠が埋まってしまいました。イベントには、久しぶりにスタッフさんたちと会って楽しそうに談笑するおふたりの姿があるそうです。

結婚式は、ふたりにとって大切な、また会いたくなる人との出会いの場にもなります。「○○さん元気かな」と思えるくらいのスタッフさんとの出会いはきっと、ふたりの長い人生をもっと豊かにしてくれるはずです。

出典:アーカンジェル代官山

 

4. まとめ|すてきなスタッフさんとつくる結婚式には「この時間が終わらなければいいのに」がある

式場見学から結婚式当日まで見守ってくれる安心感。
自分たちのために、ありとあらゆる提案を用意してくれる心強さ。
また会いたくなる、居心地のよさ。

信頼できるスタッフにはきっと、これらの共通点があるのではないかと、スタッフ力に定評のある「アーカンジェル代官山」の取材を通して感じました。

「終わりよければ、すべてよし」ということわざがありますが、本当にすてきなスタッフとタッグを組み結婚式をつくっていると、最初から最後まで楽しい時間が続きます。

これから結婚式を挙げるおふたりが、「この時間が終わらなければいいのに」と思えるスタッフさんと出会えますように。

出典:アーカンジェル代官山

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RANKING人気ランキング

CONTACT
お問い合わせ

式場のご紹介・見学予約代行・試着予約代行・お見積相談・予算シミュレーション・会場決定後もサポート

気軽にLINE相談(無料) オンライン相談予約(無料) 相談会一覧を見る
0120557504

平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00 
定休日:火曜日(祝日除く)

LINEで簡単にきいてみよう