Choole(チュールウエディング)は、新しくトキハナに生まれ変わりました

結婚式関連情報をお届け|トキハナ(旧:Choole[チュールウエディング])

”ガーデンウエディング”の作り方|結婚式のテーマ別コーディネートとおすすめ式場

Share

「一生に一度だからこそ、自分たちだけのこだわりが詰まった結婚式にしたい!」と思う方も多いでしょう。 今までの感謝を伝える場としての「特別な空間」を創るために、コンセプトやテーマを決めることが大切です。 そこでこの記事では結婚式のテーマの決め方・重要性から、人気テーマの「ガーデン」にフォーカスして、ウエディングドレスに取り入れる方法やコーディネート例、「ガーデン」がテーマの会場装花・ブーケ、結婚式場を紹介していきます。(文:立澤菜月)

1.結婚式のテーマって?

「結婚式の準備」として雑誌やネットで情報を得ながら会場探しやウエディングドレスを選ぶことから始める方が多いと思います。
実はその前に決めなくてはならない大切なことがあります。
それが結婚式の「テーマ」なんです!

「テーマ」とは、結婚式全体を統一するためのイメージ、1つ1つを決めるときの基準となるものです。
結婚式は当日を迎えるまでに平均半年〜1年ほどの時間をかけて準備をしていきます。
そのため、そのときの気分や人気だからという基準で決めていくと、テイストがバラバラ、全体のイメージもごちゃごちゃなんてことになってしまうことも。

せっかく大切な時間とお金をかけて準備した結婚式がそんなことにならないように、「結婚式のテーマ=会場・ドレス・装飾全体をまとめる判断基準」としてテーマを決めることが重要です。

また、結婚式では装花やヘアメイク、写真撮影などプロにイメージを伝え、任せることも多くあります。
そのときに自分の持っているイメージをしっかり伝え、共有するためにもテーマが大切です。
言葉だけでは伝わりづらいことも、イメージを共有することが理想通りに仕上げてもらう近道になります。

▼注目記事
>>ガーデンウエディングを徹底解説!メリットとデメリットも
>>人気卒花さんが”ガーデンウエディング”をテーマにトキハナで素敵な結婚式アイテムを選んでみた!

2.いま人気!「ガーデン」をテーマにした結婚式

おしゃれな海外風ウエディングにしたいこだわりのある新郎新婦に人気のテーマが「ガーデン」。

出典:Flower designer KURUMI

なんといっても屋外の開放的で自然あふれるスタイルが人気の秘訣です。
自然豊かな緑や木々の中で陽の光や風を感じる開放感たっぷりなのが魅力です。
フォトジェニックな会場はゲストの印象にも残ることでしょう。
堅苦しいスタイルが苦手な人にもおすすめです。
新郎新婦はもちろん、ゲストの方もリラックスして過ごしてもらえるため、距離も近く多くのコミュニケーションや会話ができます。

出典:メイブーム

また、二人ならではのオリジナルにこだわる人にもおすすめです。
ガーデンは室内ではないので、会場作りから自由にすることが可能です。
テーブルの位置や広さなどの制限がないので、会場装飾はもちろん、レイアウトからアレンジすることができるのも魅力です

出典:LOVE KINGDOM

挙式のあとのパーティもおしゃれなスタイルが叶います。
グランピングやBBQなど、アウトドアの要素を取り入れたウエディングパーティにすることも。

つい写真を撮りたくなるようなおしゃれな雰囲気も、みんなでワイワイ楽しむアクティブな雰囲気にも、二人ならではのスタイルを実現できるのはガーデンだからこそ。
普段味わうことのできない空間は、ゲストの方にも思い出に残る結婚式となることでしょう。

出典:NAKANOSHIMA TERRACE#AND ME

最近人気となっているのが夕方から夜にかけて行うナイトウエディング。
ガーデンウエディングでは夕陽やキャンドルの演出、ランタンやイルミネーションのライティングを取り入れることができます。

美しい光に包まれた幻想的な空間は、ついシェアしたくなるようなムード満点です。
大人のガーデンウエディングにぴったりの演出も可能です。

2-1.「ガーデンウエディング」に合うウエディングドレスとは?

結婚式のテーマ「ガーデン」をドレスに取り入れるポイントは、インポートのようなモダンなドレスを選ぶこと。
会場や演出にこだわりを持ったおしゃれな要素を取り入れているのがガーデンウエディングなので、その雰囲気としっかりマッチするドレス選びが重要となります。

特に相性が良いのはやわらかなソフトチュールや、ヴィンテージ風のレースや刺繍を用いたウエディングドレスです。

出典:THE HANY

上の写真は、大人のガーデンウエディングにぴったりな総レースのマーメイドラインのウエディングドレス。

総レースのドレスは甘くなりがちですが、こちらのドレスは立体感のあるレースを選んでいるので大人の女性にぴったりのシックな印象に仕上げてくれます。
バストからウエストにかけてデザインされたカッティングが、ハッと目を引く大胆なバックスタイルを演出しています。

そして、ボディラインを強調したマーメイドラインはガーデンウエディングにとてもよく合います。
モダンな雰囲気や気取りすぎないリラックス感が会場にマッチします。
そしてグリーンやフラワー、木々などガーデンの要素ともバランス◎

また、マーメイドラインはボリュームが少なく動きやすいため、ゲストとの距離が近いガーデンウエディングにはうってつけのデザインです。

出典:みんなのドレス

上の写真は、浮き上がるようなレースが、繊細なアートワークのようなこだわりのAラインドレス。

真っ白ではなく、あえてベージュを裏地に使用することでレースや柔らかなチュールを際立たせたデザインです。
ベージュやブラウンカラーはガーデンウエディングとも相性が良く、会場全体とのイメージもぴったりでしょう。

ネックラインを縁取るビーディングや、バックスタイルに連なるくるみボタンなど細やかなディテールが光る一着。
つい近くで見たくなるデザインもガーデンウエディングにぴったりですね。

また、柔らかなチュールが重なるスカートが優しげな印象に見せてくれます。
カジュアルな雰囲気とも好相性なので、屋外のガーデンウエディングにおすすめです。

出典:Beacon Dress

上の写真は、豪華なフローラルレースであふれた長袖のウエディングドレス。

イリュージョンレースのネックライン、印象的なカットアウトオープン、ヴィンテージレースのトレーンが印象的でとてもスタイリッシュに着こなせます。

全体がレースではありますが、裏地はヌードカラーとなっており、程よい肌見せが大人花嫁にぴったりです。

動きやすいシルエットで抜け感たっぷりのこのドレスは、ガーデンウエディングにぴったりです♪

出典:Nuance

上の写真は、華奢なレースから覗く素肌がヘルシーな雰囲気のスレンダーラインドレス。

トレンドのレーストップスは贅沢にもリバーレースを使用したデザイン。
七分袖の丈は手首をほどよく見せることができ、女性らしい華奢さを印象づけます。
露出度を抑えたドレスを選ぶときには「手首を出す」が効果的です。

総レースドレスに見えるデザインですが、実はレースのオーバースカートを合わせた2wayタイプ。
本体はシンプルなジョーゼットスカートデザインで、より落ち着いてシックな着こなしができます。
挙式、披露宴、パーティ、フォト…とシーンによってアレンジができるのも2wayならではの楽しさですよね。
会場や空間のイメージに合わせてレースかジョーゼットか、選ぶと良いでしょう。

>>ウエディングドレス一覧はこちらから

2-2.「ガーデンウエディング」のヘアメイクとは?

出典:bridal hair&make ecru

ガーデンウエディングのおすすめヘアスタイルは、緩ウェーブのダウンポニーテールや低めでまとめたスタイルです。
柔らかで軽さを感じるドレスにもぴったりなのが緩めのヘアスタイルです。
顔まわりはまとめながらも、全体は空気を感じるようなニュアンスのスタイルが好相性。

最近人気が高まっている小枝モチーフのヘアアイテムも低めのアップスタイルに程よいアクセントを効かせ、ガーデンウエディングにぴったりです。

出典:Core&Coeur

ガーデンウエディングはトレンドの大ぶりイヤリングともよく合います。
ポイントはディテールやデザインが繊細なモチーフを選ぶことです。
大ぶりのアイテムもさりげない抜け感で、力を抜いたドレスやヘアスタイルをより洗練されたスタイルに仕上げてくれます。

>>ヘアメイク一覧はこちらから

2-3.「ガーデンウエディング」の会場装飾・ブーケコーディネートとは?

結婚式で欠かせないのは、会場装花やブーケに使用するフラワー。
「ガーデン」がテーマの結婚式では、会場をコーディネートするグリーンやフラワーがウエディングの成功を決めるというほど重要なポイントです。
まずは「ガーデン」にぴったりの会場装花です。

出典:farver

トレンドの会場作りは、ソファ高砂のメインバックにオブジェのようなビッグモチーフでガーデンのテーマを表現するタイプ。

披露宴やパーティでの写真撮影は、ほとんどがメインの高砂で行われます。
そのときにテーマやコンセプトが伝わる会場装花はよく映え、オリジナルのデザインやカラーで作り上げてもらうことが人気の秘訣です。

ドリームキャッチャーやサボテンなどガーデンならではの要素を取り入れることで、他のウエディングと差のつく空間作りができます。

出典:les mille feuilles de liberte

そして結婚式のテーマの反映に欠かせないアイテムがブーケです。
最近はブーケ選びに時間をかけ、とてもこだわる方が増えています。

以前はウエディングドレスやカラードレスに合わせて選ぶというコーディネートアイテムのような考え方でしたが、今は「このブーケを持ちたいからこのテーマにする」という人も数多くいるくらい重要なアイテムとして捉えられています。

「ガーデンウエディング」にぴったりなのは、まるで自然の中から摘んできたかのようなグリーンをメインにしたクラッチブーケです。
グリーンをナチュラルに束ね、実をアクセントにしたガーデンならではのデザイン。

>>フラワーアイテム一覧はこちらから

3.「ガーデンウエディング」が似合うおすすめの結婚式場

海外ウエディングのようなおしゃれな結婚式にしたいという人に大人気のガーデンウエディング。
形式張らず、リラックスした空気の中でハイセンスなこだわりの結婚式が叶えられるテーマです。

おしゃれでアットホームな雰囲気、まるで自然の中にいるような光を感じる空間、ついシェアをしたくなるような装飾やグリーン・フラワーなど、ガーデンウエディングだからこそ実現できるのが人気の理由です。

いま大人気のガーデンウエディングを叶えるには会場選びもとても重要です。
会場の雰囲気や装飾でガーデンウエディングの成功が左右されます。
二人のこだわりを実現できるか、当日のイメージが湧くか…などアレンジや希望が叶えられるかがチェックポイントとなります。

「ガーデンウエディング」のイメージにぴったりのおすすめ会場をご紹介します。

3-1.BonBonBon LA fait maison ボンボンボンラフェメゾン(東京>東京駅、銀座、品川)

出典:BonBonBon LA fait maison

ヨーロッパのような自然とアンティークな雰囲気のウエディングがボンボンボンラフェメゾンでは叶います。

一目見たらつい「素敵」と声が出てしまう洋館は、ドイツのローデンブルクの民家と同様に造られたというまさにヨーロッパを感じる外観です。

出典:BonBonBon LA fait maison

職人の手作業で作られた本物のアンティーク家具や中庭の石畳、エントランスの階段に至るまで全てがこだわりの1つです。
どこでもフォトスポットになるような、完成された非日常の光景です。

チャペルはダークブラウンを基調とした空間に、アンティーク家具が並ぶクラシカルなスタイル。
挙式後は中庭の石畳でフラワーシャワー、まるで海外にいるようなムード溢れる空間で夢のようなひと時です。

決して豪華絢爛ではないけれど、丁寧なモノづくりを感じる会場は大人のガーデンウエディングにぴったり。
海外のリラックスしたウエディングのような会場で、新郎新婦もゲストも全員がほっこりする温かなウエディングになります。

出典:BonBonBon LA fait maison

歴史を感じるアンティークな邸宅を会場に、今までの思い出を共有しながら感謝を伝えるという本来のウエディングを実現することができます。

3-2. フェリーチェガーデン日比谷(東京>東京駅、銀座、品川)

出典:フェリーチェガーデン日比谷

まるで外国映画に出てくるようなガーデンウエディングを叶えるならばこちら、フェリーチェガーデン日比谷。

都心にいることをすっかり忘れてしまうようなグリーンや花々に囲まれた空間です。
アンティークな洋館を貸し切りにした会場は、自分たちならではのこだわりの会場作りが叶います。
専属のフローリストと相談をしながら理想の世界観を創り上げます。

出典:フェリーチェガーデン日比谷

特におすすめなのがヨーロッパのガーデンパーティのようなテントスタイル。
周りを見渡せばグリーンや花々に囲まれ、上を見上げれば降り注ぐようにあしらわれた装飾が異世界のようです。

時間帯によっても色々な表情を見せてくれ、昼は木漏れ日と爽やかな風に包まれる空間に。
夜になるとオレンジに灯された灯りが肩の力を抜いた大人のリラックス空間に。
ガーデンウエディングならではの時間の経過を楽しめる会場です。

出典:フェリーチェガーデン日比谷

また、料理にも型にハマらない斬新なアイデアが。
ガーデンパーティのようにオシャレで色とりどりな、フォトジェニックな料理の数々です。
自由なスタイルで楽しめるブッフェながらも、スタッフがサーブしてくれる「フォーマルブッフェ」スタイル。

>>「ガーデンウエディング」に合う会場をもっとみたい方はこちら
*トキハナでは、元プランナーが厳選した式場のみご紹介しておりますので、安心してお選びいただけます。

4.まとめ|こだわりの「ガーデンウエディング」をテーマに素敵な結婚式を!

「ガーデンウエディング」をテーマに結婚式の作り方やコーディネートをご紹介してきました。
ゲストに喜んでもらえる結婚式や感謝を伝える結婚式など、二人のこだわりや想いが詰まったウエディングを実現できるのがガーデンウエディングならではです。

結婚式の準備に取り掛かる前に、どんなウエディングにしたいのかをテーマとして決めてスタートさせることが大切ですね。
テーマにぴったりのドレス選びや会場選び、アレンジなど二人だからできる結婚式を実現しましょう!


トキハナでは、すべてのカップルに心から満足できる結婚式を挙げてほしいから、新郎新婦の不安をトキハナてるように、心をこめて式場選びをサポートしています。

LINEでの相談のほか、無料の相談会(銀座サロン/オンライン)も随時開催しています。「何から始めたら良いかわからない」「まずはダンドリを知りたい」という方も、元プランナーのスタッフが丁寧にご案内しますので、ぜひ気軽にご利用ください。
*[無料]お好きな相談会をお選びください!次回相談会のご予約はこちらから

*結婚式のいろんな相談をLINEで!トキハナのLINE相談、詳しくはこちら

*あなたにぴったりの会場が分かる!トキハナ監修「Wedding診断」はこちら(LINEで簡単にできます)

なお、今ならトキハナからの式場予約でドレスが最大50%OFFになるドレスクーポンをプレゼント中!
*ドレスクーポンについてはこちらから

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RANKING人気ランキング

CONTACT
お問い合わせ

式場のご紹介・見学予約代行・試着予約代行・お見積相談・予算シミュレーション・会場決定後もサポート

気軽にLINE相談(無料) オンライン相談予約(無料) 相談会一覧を見る
0120557504

平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00 
定休日:火曜日(祝日除く)

LINEで簡単にきいてみよう