結婚式関連情報をお届け|トキハナ(旧:Choole[チュールウエディング])

憧れの”インポートブランド”、おしゃれ感度の高いウエディングドレスが手に届く。【Cli’o mariage】のウエディングドレス

この記事をシェアする

1.知らなきゃ損する”ドレス選びのポイント”とは?

トキハナ オンラインフェスvol.5、今回のテーマは「ウエディングドレスの”今”」。
結婚式の準備では「ウエディングドレス選び」を楽しみにしているプレ花嫁も多いですよね!

そこで、トキハナ花嫁1,117人にウエディングドレス選びにまつわるアンケートを実施。
アンケート結果から、トキハナ花嫁にもあまり知られていないドレス選びのポイントがたくさんあることが見えてきました。

実は「結婚式場選びを間違えるとドレス選びも失敗してしまう」など、知らないと損してしまう情報が盛り沢山!
後悔のない結婚式を叶えるために、まずは”ドレス選びのポイント”を確認していきましょう!

▼詳しい内容はこちらの記事をCheck!
1,117人のトキハナ花嫁にアンケート!知らなきゃ損する”ドレス選びのポイント”が見えてきた

2.”Cli’o mariage(クリオマリアージュ)”ってどんなドレスショップ?

ヨーロッパを中心としたインポートのドレスやアクセサリーを取り扱っている「Cli’o mariage(クリオマリアージュ)」。

出典: Cli’O mariage

海外インポートだけではなく、国内のファッションブランドとのコラボレーションでは、今までにないような新しいスタイルのドレスをラインナップしています。

さらに、世界中を飛び回っているCli’o mariageのバイヤーと店舗スタッフが企画したCli’o mariageオリジナルのドレスも展開し、幅広いバリエーションを取り揃えているショップです。

そんなCli’o mariageのコンセプトは「歩いて来た道を思い出し、いつか観た映画のワンシーンの様に、毎日のおしゃれの延長線上にあるウエディングドレス・タキシードがある」。
心惹かれるコンセプトにぴったりなドレスをレンタルとセル(購入)で提案しています。

プレ花嫁から人気の高いインポートブランド、フランスの「LAURE de SAGAZAN(ロール・ド・サガザン)」やスペインの「OTADUY(オタディ)」はCli’o mariageが日本で初めて取り扱いをスタート。

出典: Cli’O mariage

インポートのドレスはシルク素材のものが多く、しっとりとした滑らかさや、さらっとしたシルク独特の質感は、実際に見ないとわかりづらい繊細なドレスです。
Cli’o mariageでは、毎年海外でインポートブランドの買い付けを行い、常時たくさんの種類を取り揃えているからこそ、素材の雰囲気や繊細さを実際に見て感じることができるのも魅力です。

ファッションブランドとのコラボレーションドレスは1点ものの取り扱いもありますが、インポートドレスやオリジナルドレスはオーダーが可能。

ドレスのサイズは9号をメインに取り扱っていますが、デザインによっては13号まで対応しています。
レンタルドレスは既製の号数のため、なかなかぴったり着るのは難しいことも多いですが、結婚式までにスタイリストが手直しでサイズの調整を入れているので安心して着用できます。

トキハナ オンラインフェスvol.5ではCli’o mariageから皆川 志帆さんがオンライン出演し、ウエディングドレスやトレンドを紹介してくれました!

Cli’o mariageのショップページはこちら

3.ANNA KARAのアシンメトリー・チュールドレス

Cli’o mariageで今シーズン初めて取り扱いをスタートしたブランド「ANNA KARA(アンナ・カラ)」。

2007年にポーランドでスタートし、クラシックなカットにコンテンポラリーとロマンティックな要素を大胆に組み合わせたデザインが人気のブランドです。
上質な素材を使用し、細部までディテールまでこだわったドレスは1点1点ポーランドのアトリエでハンドワークで作られています。

胸元のデザインが特徴的なチュールドレスは、立体的なお花の刺繍の上に3Dのフラワーモチーフが随所に散りばめられた雰囲気のあるデザイン。

ウエストの横から肩にかけて着用できる「ショール」のパーツが付いており、付け外しができる2Way仕様に。
左右アシンメトリーなデザインで、肩まわりを隠したり、すっきりと細めに巻きつけてアレンジするなど、印象をガラリと変えて着こなすことができます。

バックスタイルの背中部分は深くカットされており、背中が透けるような繊細なチュールの上に立体的なフラワーモチーフが施されています。
実際に身に纏い遠目から見ると、刺繍のお花だけが浮き立っているような繊細なデザインが特徴。

トレーンも2Wayでアレンジできるスタイルになっています。
中に仕込まれたスナップで留めるとバッスルスタイルに、スナップを外すと立体感を抑えた長いトレーンも楽しめます。
会場の雰囲気や広さに合わせてトレーンもアレンジするのがおすすめ。

出典: Cli’O mariage

4.ANNA KARAのアメスリ・スレンダードレス

アメリカンスリーブが新鮮な印象を与えてくれる2着目、こちらも「ANNA KARA(アンナ・カラ)」のデザイン。

年末に一足早く新作で入荷したアメリカンスリーブのドレスは、入荷直後から多くの問い合わせがあるという人気のドレス。

トップス部分はアメリカンスリーブのスマートなシルエットで、胸元の縦ラインの刺繍が印象的なデザインです。
目を惹きつける刺繍は、ふっくらと厚みのあるデザインがポイントになっています。

スカートはスレンダーラインで、綺麗な落ち感の出る都会的なイメージが今の気分にマッチするデザインに。

バックスタイルの背中部分はシンメトリーの刺繍デザインが施されています。
フロントの刺繍ディテールと同様に、こちらも透け感のある繊細なチュールの上に厚手のしっかりとした刺繍をあしらったデザイン。
肌が入ると背中の刺繍が立体的に浮き立つようなデザインが女性の色香を引き立ててくれます。

そんな背中のチュールはイリュージョン仕立てになっているので、ベージュのチュールを使用している部分は肌に馴染み、アメリカンスリーブの白い縁取りが浮き出てくる仕掛けになっています。
肩に入るアメリカンスリーブのラインがデコルテや肩まわりを綺麗に見せてくれます。

甘い雰囲気のドレスが苦手な花嫁や、スマートにスタイリッシュにコーディネートしたい花嫁におすすめの1着です。

出典: Cli’O mariage

5.LAURE de SAGAZANのクレープ地ミニマルドレス

Cli’o mariageで人気の高いブランド「LAURE de SAGAZAN(ロール・ド・サガザン)」。

2011年にスタートしたLAURE de SAGAZANは、全てフランス製のハンドメイドで作られています。
アンティークのスタイルからインスピレーションを得たデザインが印象的なブランドです。

繊細なシルク素材やレース素材が人気のブランドですが、今回入荷した新作のドレスは美しいクレープ地で仕上げられたドレス。

このドレスの最大のポイントは深く開いたVネック開き感が美しいカッティング。
大胆なネックデザインとさりげないロールアップがポイントの五分袖がドレスのバランスを完璧に整えています。

スカートには綺麗なタックが入っており、実際に着用すると少しふんわりと自然な柔らかい丸みを作り出すデザインです。

そして、バックスタイルの背中はU字に深く大胆に開いたデザインが印象的。
腰位置に連なるくるみボタンがさりげなくかわいらしさを添えています。

最近の傾向として、レース素材よりもミニマルでシンプルなデザインを希望する花嫁が増えています。
オシャレ感度高い花嫁に人気の高いドレスです。

出典: Cli’O mariage

6.Cli’o mariage流トレンドのコーディネートを教えて!

最近はタイトなヘアアレンジが人気。
ヘアスタイルのトレンドに合わせて、ヘッドアクセサリーも華やかにたくさんつけるというよりはシンプルなアイテムで合わせる花嫁が多いです。

ロングヘアの花嫁もタイトなまとめ髪にしたり、ボブヘアやショートヘアの花嫁はウェットにしてタイトなアレンジが人気のスタイルです。

そんなヘアスタイルには、シンプルにさらっとコームをつけるコーディネートがおすすめ。
ウエディングドレスのコーディネートというと甘めをイメージする方も多いですが、スタイリッシュにミニマムにかっこよく決めるスタイルが魅力的です。

Cli’o mariageでは、フォトウエディングで来店される新郎新婦も多く、ロケーションで写真を撮る際にぴったりな大きなストローハットや麦わら帽子を提案することも。
海沿いやガーデンなど開放的な空間のロケーションにマッチするアイテムです。

挙式のスタイリングでは提案しづらいアイテムも、ロケーションだからこそ映えるアイテムもたくさん揃えているので、シーンに合わせた提案を行っています。

7.気になるポイント、ドレス1着あたりの”お値段”は?

Cli’o mariageにラインナップしているドレスは、 18〜35万円の価格帯を中心に用意しています。
最近特に人気のラインナップは平均25万円前後とのこと。

インポートドレスは繊細な素材を使用し、さらに輸送費もかかることから高額になることが多いですが、そのなかで25万円前後とお値段的にも嬉しいドレスが揃っています。

手の届く価格帯で妥協のないドレス選びができるのもCli’o mariageの魅力です。

8.まとめ|日本初ブランドが揃うインポートドレスが豊富な”Cli’o mariage”

上質な素材、繊細なディテールが詰まったインポートドレスが数多くラインナップする人気ドレスショップ「Cli’o mariage(クリオマリアージュ)」。

1点1点丁寧に作られたドレスを実際に手で触れ、インポートならではの質感を感じながら選ぶことができるのは何よりも嬉しいポイント。

そんなこだわりのインポートドレスにぴったりの結婚式スタイルのコーディネートアイテムから、ロケーションだからこそできるスタイリングまで幅広く提案してくれます。

出典: Cli’O mariage

晴れの日を彩る特別な1着が必ず見つかるCli’o mariageは、オシャレに敏感でドレスにこだわりたい花嫁にぴったりのドレスショップです。

*****

トキハナでは、すべてのカップルに心から満足できる結婚式を挙げてほしいから、新郎新婦の不安をトキハナてるように、心をこめて式場選びをサポートしています。
また、自由に選んで式場に持ち込める人気ドレスショップも多数掲載。ぜひCheckしてくださいね!
>トキハナで選べる全国の結婚式場一覧はこちら
>トキハナで選べる全国のドレスショップ一覧はこちら
*トキハナで結婚式場を選ぶと「ウエディングドレス最大50%OFF」さらに「持ち込み無料」の式場多数!

【トキハナの嬉しいポイント3つ】
トキハナが多くのプレ花嫁さんに喜ばれているポイントは大きく3つあります。

1.ウエディングドレスやアイテムが自由に選べて費用も安心!「持ち込み無料」
2.結婚式場の割引や特典をMAXまで!「ベストレート保証」付き
3.コロナ禍でも安心!結婚式のプロに全国からオンラインで相談できる

1.ウエディングドレスやアイテムが自由に選べて費用も安心!「持ち込み無料」

持ち込み解放宣言

日本の結婚式場の多くはウエディングドレスやブーケなどを持ち込む花嫁に持ち込み料を請求したり、式場指定のドレス以外を持ち込み禁止としているケースがあります。これでは予算内で着たいドレスやコーディネートアイテムが見つかったとしても、高額な持ち込み料や持ち込み禁止を理由に諦めざるを得ないことに。

そこでトキハナでは、提携している結婚式場と「持ち込み無料」の約束を交わしています*。
トキハナを通じて結婚式場を決定すれば、通常は持ち込み禁止の式場へも無料で持ち込むことができ、結婚式費用の節約にもつながります。
*一部対象外の式場があります

▼関連記事
なぜ先輩花嫁はみんな「持ち込みできるようにした方がいい」と言うの?|その必要性を解説

2.結婚式場の割引や特典をMAXまで!「ベストレート保証」付き

ベストレート保証とは、新郎新婦さんが結婚式を最大限お得に実現できるお約束のこと。結婚式場によっては新郎新婦さんが交渉しないと割引を適用させないケースもあります。しかしトキハナでは利用可能な割引を交渉不要ですべて適用します。

結婚式場の見学では「見学当日に契約すればもっと割引を適用させます!」と言われることもありますが、トキハナでは即時即決でなくても割引を適用できるので、じっくりと結婚式場選びができますよ。
>トキハナのベストレート保証についてはこちらの記事もCheck

3.コロナ禍でも安心!結婚式のプロに全国からオンラインで相談できる

*結婚式のいろんな相談をLINEで!トキハナのLINE相談、詳しくはこちら
*LINEの友達登録はこちらから!

トキハナではLINEでの相談のほか、オンライン相談会も随時開催しています。
「何から始めたら良いかわからない」「まずはダンドリを知りたい」という方も、元プランナーのスタッフが丁寧にご案内しますので、ぜひ気軽にご利用ください。

プロに相談することで、自分では気づけなかった部分に気づけるなど、オンライン相談でもいい情報収集ができたと好評です♪

*自宅から無料で相談できる!30分〜のオンライン相談予約はこちら

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RANKING人気ランキング

CONTACT
お問い合わせ

式場のご紹介・見学予約代行・試着予約代行・お見積相談・予算シミュレーション・会場決定後もサポート

気軽にLINE相談(無料) オンライン相談予約(無料) 相談会一覧を見る
0120557504

営業時間 11:00-19:00|火曜日定休 (祝日を除く) 営業時間 11:00-19:00|火曜日定休(祝日を除く)

LINEで簡単にきいてみよう