Choole(チュールウエディング)は、新しくトキハナに生まれ変わりました

結婚式関連情報をお届け|トキハナ(旧:Choole[チュールウエディング])

”Rustic / Vintage”な結婚式の作り方!結婚式のテーマをドレスに取り入れる方法とコーディネート例を解説。Rustic / Vintageな会場も!

Share

二人ならではのオリジナリティ溢れる結婚式を叶えるために大切なのが、結婚式のテーマ。

テーマを決めてウエディングドレスや会場選び、装飾やブーケなどそれぞれ取り入れることで、二人の想いがより伝わる結婚式となります。
それだけではなく統一感があり、ゲストの印象に残るウエディングを実現することもできます。

いざ自分たちの結婚式テーマとなるとどのように決めたら良いのか、どう取り入れたらいいのか悩みますよね。
そこでこの記事ではテーマの決め方から、人気テーマの「Rustic / Vintage」にフォーカスして、ウエディングドレスに取り入れる方法やコーディネート例、「Rustic / Vintage」がテーマの会場装花・ブーケ、結婚式場を紹介していきます。(文:立澤菜月)

1. 結婚式のテーマって?

いよいよ結婚が決まり、さあ準備をスタート!
まずは式場を決めて、ウエディングドレスを選んで、招待客はどうしよう……なんてイメージが溢れ出てきますよね。
でも、はじめにきちんと決めておくといいのが「結婚式のテーマ」。

二人のテーマとなるコンセプトは結婚式の軸であり、そこからテーマに沿って会場選びやウエディングドレス、会場装飾やペーパーアイテムなど様々なアイデアを紐づけていきます。
そうすると結婚式全体のイメージがしっかりとまとまり、さらには結婚式のプランニングもとてもしやすくなるんです!

「いつかここで結婚式を挙げたい!」や「このウエディングドレスが着たい!」といったイメージや憧れがある方はそこからキーワードを見つけてテーマを決めると良いでしょう。

実際にはなかなか具体的なイメージはできていない…という方はぜひこちらを。

▼注目記事
人気卒花さんがラスティックヴィンテージな雰囲気たっぷりの前撮りを行うコツをトキハナのインスタライプで語る!

 

2. いま人気!「Rustic / Vintage」をテーマにした結婚式

いま海外で大流行中の結婚式テーマが「Rustic / Vintage」。
ナチュラルなテイストが人気で、中でも急浮上しているのがラスティックヴィンテージです。

出典:トキハナ | IDOL

そもそもラスティックヴィンテージとはどういうテーマでしょうか?

ラスティック(Rustic)とは「田舎風な」「素朴な」という意味を持つ言葉です。
「温もり溢れる素朴なヴィンテージ」という意味になります。
かっこつけることなく、ほっと胸が温まるようなウエディングがテーマにぴったりです。

出典:トキハナ | Flower Designer KURUMI

 

海外ではまるで自然の木々が会場装飾と言わんばかりに、森や草原の中で緑に囲まれながらのウエディングやアウトドアのような空間で行われることも。
開放的な空間だからこそリラックスして、自然体で結婚式を楽しむことができます。

出典:トキハナ | YUKI YOSHIKAWA

「Rustic / Vintage」をテーマにして演出をするには、会場装飾にたっぷりのグリーンと木製のアイテムを取り入れるといいでしょう。

出典:トキハナ | Les Quatre Feuilles

テーブルや高砂など会場の制限でなかなかアレンジがしづらい場合は、ウェルカムボードや装飾用のスタンド、テーブルアイテムなどに取り入れてみてください。

また、手作りアイテムもハマるテーマなので、こだわりのアイテムをハンドメイドしたいという人にもおすすめです。

フォトジェニックな空間が「Rustic / Vintage」の特徴ですが、細かなアイテムにも質の良さを感じさせる装飾がキーになります。

ヴィンテージレースを使用したかのようなテーブルクロス、まるで年代物のようなラグ、アンティーク風のソファなど、古き良きものを大切にするというヴィンテージの要素をしっかりと取り入れます。

豪華絢爛で新しいものが好きという人よりも、長年愛着のあるアイテムを大切にするという人にしっくりとくるテーマでしょう。

2-1. 「Rustic / Vintage」をドレスに取り入れる方法

結婚式テーマ「Rustic / Vintag」をドレスに取り入れるポイントは、テーマの通りまるでヴィンテージ品のようなドレスを選ぶこと。

ウエディングドレスも含めて空間と一体の雰囲気がラスティックヴィンテージには重要となります。
テーマ、会場、ウエディングドレス全てがしっくりとくるチョイスをしましょう。

特に相性が良いのはヴィンテージ風のレースや刺繍を用いたウエディングドレスで、純白よりもキナリやグレイッシュなカラーがおすすめです。

出典:トキハナ | Wedding Coordinate Salon M・AI・M

上の写真は、シンプルなギャザーのプリンセスラインに、繊細なディテールが質の良さを感じさせる一着。

やわらかなソフトチュールでたっぷりとギャザーを入れたプリンセスラインは一見甘くなりがちですが、大ぶりのエンブロイダリーレースを大胆にあしらい、アンティークに仕上げています。

ウエストを少し低めの位置で切り替えたローウエストのデザインなので、プリンセスラインでもかわいくなりすぎず、大人の女性にもしっくりとくるシルエットです。

グレイッシュカラーのサッシュベルトはウエストの切り替え位置より少し上で結び、コンサバにならずハイセンスなこだわりを感じさせます。

甘くはしたくないけれど、ボリュームたっぷりのデザインを選びたいという方にとてもおすすめです。

出典:トキハナ | Cinderella & Co.

ラスティックヴィンテージのテーマにもぴったりのプリンセスラインです。
上の写真は、他にはないこだわりが詰まったマーメイドラインのロングトレーンドレス。

ありそうでなかなか出会えないのが、チュールのロングトレーンドレス。
繊細なレースからチュールが流れ出るようなソフトマーメイドのシルエットは、ぐっと大人な雰囲気になります。

印象的なバックスタイルもゲストとの距離が近いラスティックヴィンテージのテーマだからこそ選びたいデザイン。

オフショルダーは取り外し可能な2WAY仕様なので、挙式・披露宴・パーティ・二次会・フォト…などシーンによってアレンジができるのも嬉しいポイント。

マーメイドシルエットは日本人にはなかなか合うものが少ないと言われますが、こちらのドレスは正面がバスト下からヒップ位置にかけてクロスにデザインされているので、目線が上に行くため着こなしやすいデザインとなっています。

出典:トキハナ | mutin

上の写真は、クチュールライクなヴィンテージテイスト満点のスレンダーラインドレス。

つい近くで見たくなるようなハンド刺繍で描かれた鳥モチーフが印象的な一着。
シースルーのベースだからこそ肌の透け感と繊細な刺繍が際立ち、花嫁をより特別に見せてくれるデザインです。

数種類のパーツを仕様した刺繍、細かなパイピングと職人技が光るレイヤードスタイルは、ラスティックヴィンテージのテーマそのものを反映したようなドレスに。

ドレス丈はあえて短めの設定にすることで、ダンスシーンにも対応できる海外のインポートドレスのように仕上げています。
こだわりのブライダルシューズやフラットシューズ、スニーカー合わせなど、どんな風に見せたいか、希望のスタイルに仕上げることができるのもヴィンテージ風ドレスならでは。

出典:トキハナ | Dress&Hairmake ANJERI

上の写真は、ハイセンスでありながらスタイリッシュな着こなしが叶うAラインドレス。

シルバーの刺繍を施したリバーレースを贅沢にたっぷりと使用したドレスは、一目見たら忘れられない一着に。

職人技が光る小枝やリーフモチーフの刺繍は、ラスティックヴィンテージのテーマにもぴったり。
グレーやシルバーを基調とした会場にとてもよく合うドレスです。

裏地にはグレイッシュピンクの生地を用い、グレー味のあるレースも沈まずに肌を綺麗に見せてくれるのも緻密に計算されたポイント。

正面はロングスリーブ×ラウンドネックで一見露出を抑えたデザインですが、深くVに開いたバックスタイルが女性らしさや色香を感じさせるアクセントに。

こだわりを細部まで忘れないデザインは、周りと差のつくワンランク上の花嫁におすすめ。

2-2. 「Rustic / Vintage」のコーディネート例

出典:トキハナ | Core&Coeur

ラスティックヴィンテージでのおすすめヘアスタイルは、低めの位置でまとめたスタイルです。

ウエディングドレスに印象的なモチーフやディテールを取り入れたデザインを選び、ヘアスタイルはシンプルにまとめるのがベストなバランスです。
全体の足し算引き算をしながら、主張が強くなりすぎていないか確認をしましょう。

ヘアアイテムはリーフモチーフのコームはとても好相性です。
会場の雰囲気にもマッチし、さりげなく輝くラインストーンがポイントとなります。

出典:トキハナ | Core&Coeur

手首の出るデザインのウエディングドレスに、リーフモチーフのバングルをコーディネートするのも新鮮なスタイルで、ハイセンスな人と印象付けることもできます。

あえてノーネックレス・ノーイヤリングに、アクセントが効いたバングルをさらりと付けることで、肩の力を入れずに余裕を感じる着こなしに。

左右アシンメトリーなデザインもヴィンテージな雰囲気にぴったり。
身につけすぎず、こだわりの一品をチョイスするのがテーマに合ったコーディネートとなるでしょう。

2-3. 「Rustic / Vintage」を会場装花・ブーケに取り入れる方法

結婚式で欠かせないのは、会場装花やブーケに使用するフラワー。
「Rustic / Vintage」のテーマでは会場をコーディネートするグリーンやアートフラワーのような植物が印象を決める重要なポイントです。

まずは「Rustic / Vintag」にぴったりの会場装花です。

出典:トキハナ | farver

「わぁ」と感嘆の声が上がる会場作りにおすすめなのが、やわらかな布を天井にテントのように広げ、グリーンやアートフラワーで飾り付けるアイデア。

テーブルや高砂の装花は色々なアイデアをよく見ますが、天井の大胆な飾り付けはゲストの方の印象にも残るはず。

会場に立体感をプラスし、様々な角度から撮影をしたくなる空間となります。
透けるやわらかな布で覆うことがポイントです。
抜け感を演出できるので、布で覆っても天井が高く奥行きを感じられるようになります。

出典:トキハナ | farver

斬新な会場装花として、新郎新婦の愛車を配置しルーフキャリアに装飾したアイデアも。

ラスティックヴィンテージのイメージにぴったりの装飾で、ついシェアしたくなる会場装飾になりますよね。

このように二人の共通の趣味や愛用品を装花で飾り付けるのも1つの手です。

みんなの心に残る装飾間違いなしです!

出典:トキハナ | beek flowers

ウエディングに欠かせないブーケ。
ラスティックヴィンテージにオススメなのが、アートフラワーで作成したワイルドフラワーのブーケ。

アートフラワーならではの味のある色味とボリューム感がテーマにぴったり。
グリーンからゴールドにかけてナチュラルカラーが、会場装花やウエディングドレス、コーディネートアイテムとも好相性です。

3. 「Rustic / Vintage」が似合うおすすめの結婚式場

海外でも大人気のウエディングテーマ、Rustic / Vintage。
肩肘張らずにリラックスした空間で、センスの光る結婚式にしたいという人におすすめのテーマです。

自然の中いるような素朴な雰囲気、それでいて質の良さを感じるヴィンテージな空間は、会場作りがとても大切です。

「会場・ウエディングドレス・装花」の3つのポイントが全て完璧にバランスが取れているか、当日まで目で見て確かめることがなかなかできないものです。

そこで二人のイメージやテーマをしっかり汲んでくれる会場と出会えるかがキーとなります。
「Rustic / Vintage」のイメージが得意とするおすすめの会場をご紹介します。

3-1. IDOL アイドル(東京>青山、表参道)

出典:トキハナ | IDOL

南青山の骨董通りに位置するIDOL、カフェラウンジとスタジオからなる空間はなんと言っても圧倒的な世界観を持つ会場。

普段はファッションブランドのエキシビションやローンチパーティが行われているだけあり、ファッショナブルな空間となっています。

フロアにある家具は全て可動式なので、二人のイメージやコンセプト、行いたいことに合わせて自由なアレンジが可能なのも嬉しいポイント。

天井高5mの高空間を活かした演出もでき、天井装飾や型にはまらないクリエイティブなウエディングが実現できます。
「空間をデザイン」という表現ができるほどコンセプトを叶えることができるでしょう。

まるで雑誌の世界へ飛びこんでしまったような、ヴィンテージテイストのラグやソファ、ライトやテーブルに至るまでこだわり尽くしのアイテムたち。

フォトジェニックな空間で、こだわりのウエディングを叶えてくれるIDOL、おしゃれな二人におすすめの会場です。

>>>IDOLの基本情報はこちら

3-2. 旧石丸邸 ガーデンテラス広尾(東京>広尾、代官山、目黒)

出典:トキハナ | 旧石丸邸 ガーデンテラス広尾

大人の街、広尾に佇む邸宅で叶うのは1日1組限定のウエディング。

大正〜昭和にかけて、数多くの著名人と歴史を刻んできた文化芸術サロンとなったクラシカルな邸宅は、都会とは思えない静かで穏やかな会場です。

グリーンと光に包まれたチャペルは、降り注ぐ陽の光と自然の調和が美しい空間です。
森の中に迷い込んだような緑の世界で愛を誓い合う、感動的なシーンを演出してくれます。
祭壇はグリーンのオブジェに彩られ、記憶に残る挙式となるでしょう。

バンケットルームはガーデンに隣接し、こちらも光が差し込む空間になっています。
歴史を感じる重厚感はそのままに、白木を基調としたテーブル&チェアがやわらかく温かみを感じるポイントになっています。

美しい調度品の数々と、新しさを感じる配置やコーディネートがラスティックヴィンテージのテーマにとても好相性です。

ブライズルームや控え室も、大正ヴィンテージのような家具に囲まれています。
どこか懐かしさを感じるような、それでいて品の良い会場といえば旧石丸邸ガーデンテラス広尾をおすすめします。

>>>旧石丸邸 ガーデンテラス広尾の基本情報はこちら

4. まとめ|「Rustic / Vintage」をテーマに二人だけの結婚式を叶えましょう!

「Rustic / Vintage」をテーマに結婚式での取り入れる方法やイメージにぴったりのアイテム・会場をご紹介してきました。

海外のウエディングシーンでトレンドになり、日本でも徐々に人気テーマとなっている「Rustic / Vintage」、新鮮なウエディングはゲストの方にも喜んでもらえることでしょう。

ナチュラルウエディングとも一味違う、こだわりとセンスの良さを感じる「Rustic / Vintage」で二人だけの結婚式を実現しましょう!

ラスティックヴィンテージがテーマの結婚式を自由に、おトクに叶えるならトキハナ!

*スクショを送るとイメージにぴったりな提案がもらえる!
「こんな雰囲気の会場を探してます」「この会場に合うブーケや装花ってどこにお願いすればいい?」「こんなイメージのドレスでおすすめのショップを教えて!」など、あなたの質問や相談にトキハナのカウンセラーが無料でお答えします。方法は簡単。スクリーンショットや写真をLINEで送るだけ!お気軽にどうぞ。
>>>トキハナの「スクショで結婚式相談」ご利用方法

*「LINEで相談」も気軽にご利用ください
トキハナのカウンセラーは全員、元ウエディングプランナー。結婚式のプロにLINEで相談することができます。お仕事やプライベートの都合などでご来店が難しい方や、海外や遠方にお住まいの方、とりあえず気になることを相談したいという方も、LINEで気軽にご相談ください。
>>>トキハナの「LINEで結婚式相談」ご利用方法

*結婚式の準備はトキハナがお得!
トキハナで結婚式場を申し込むと、通常は持ち込み不可のウエディングドレスが持ち込みOK(無料)に!好きなドレスショップから、好きなドレスを選んで持ち込むことができます。しかもドレスのレンタル料金は、ドレスショップと直接契約するからお得!結婚式場を通さないため仲介手数料がかからず、お得にレンタルすることができます。
>>>トキハナの3つのメリットと使い方

なお、今ならトキハナからの式場予約でドレスが最大50%OFFになるドレスクーポンをプレゼント中!
*ドレスクーポンについてはこちらから

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング

CONTACT
お問い合わせ

式場のご紹介・見学予約代行・試着予約代行・お見積相談・予算シミュレーション・会場決定後もサポート

気軽にLINE相談(無料) オンライン相談予約(無料) 相談会一覧を見る
0120557504

平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00 
定休日:火曜日(祝日除く)

LINEで簡単にきいてみよう