【持ち込みOK】おしゃれ花嫁の間で話題のウエディングドレスサロン『Seul(スゥル)』特集

おしゃれ花嫁が選ぶウエディングドレスの共通キーワードが「シンプルで個性的」。
頑張りすぎず、シルエットやデザインがさりげなくおしゃれなウエディングドレスを選びたいプレ花嫁は多いですよね!
ナチュラルでシンプルなウエディングドレスのコレクションが揃っているとおしゃれ花嫁から注目を浴びているドレスショップが『Seul(スゥル)』。
そこで、Seul(スゥル)のショップの特徴と人気ドレス5選をお届けします!
さらにお気に入りのドレスを着用したい花嫁必読の“ウエディングドレス持ち込み”のメリットから無料で持ち込みできちゃうお得情報までご紹介!
(文:立澤なつき)

この記事をシェアする

1.『Seul(スゥル)』ってどんなドレスショップ?

出典:Seul

東京・世田谷に店舗を構えるブライダルサロン「Seul(スゥル)」。
日本人デザイナーが手がけるオリジナルウエディングドレスのレンタル・セミオーダーのアトリエショップ。
国内をはじめ、香港のセレクトショップでも取り扱いを開始するなど、グルーバルに展開しているブランドです。

「世界でたった一つの奇跡に寄り添うウェディングドレス」をコンセプトに、女性デザイナーならではの目線で日本人の体型に合うウェディングドレスを生み出しています。

出典:Seul

シンプル、ナチュラルが共通のテーマとなっているドレスの数々は、花嫁の個性を引き出す洗練されたドレスばかり。
素材やデザインにこだわり、上質なテキスタイルを使用し、一着一着丁寧に国内で全て手作業で縫製しています。

出典:Seul

カラードレスは微妙な色合いを表現するため生地から染めあげ、世界に一つだけのオリジナルカラーを作るほど。
カラードレスに抵抗のある花嫁からの指名も多いのだとか。

サイズは5〜11号のバリエーションでラインナップ。
Seul(スゥル)が得意とするシンプルかつデザイン性の高いドレスは、実はサイズ調整が難しいドレスが多いのですが、安心して選ぶことができます。

洗練されたスタイリッシュなデザインでありながらどこか温もりを感じるドレスは、ホテルウエディング、レストランウエディング、ガーデンウエディングなど様々なシーンに似合います。
最近需要の高い少人数ウエディングやフォトウエディングにもしっくりとくるドレスばかりが並びます。

出典:Seul

他では出会えないシンプルでナチュラルだけど個性的な1着に出会えるのが「Seul(スゥル)」がおしゃれ花嫁から支持される理由です。

挙式対応エリア:東京・神奈川・大阪・兵庫・愛知・埼玉・千葉・三重・京都・沖縄
店舗:東京

2.オーガニックコットンのボックスシルエットドレス

コットン素材を使用したシンプルなIラインのボックスシルエットが印象的な“organic cotton dress”。

出典:Seul

どの角度から見ても綺麗な立体的なシルエットが魅力のドレスは、モダンな着こなしを叶えてくれます。

タックやギャザーなどのディテールを一切省くことでIラインの胸元から緩くふわっと広がるシルエットが生み出されます。
ありそうでなかなか出会えないシンプルさを追求したデザインです。

ドレスの名前にもなっているオーガニックコットンを使用しているので、モードなシルエットも温かみを感じさせ、ナチュラルな着こなしも叶います。

出典:Seul

シンプルなデザインなので、ヘッドドレスやアクセサリーなどスタイリング次第で大きく雰囲気を変えることができます。
モードでスタイリッシュな着こなし、ナチュラルでほっこりしたムードにも変幻自在なので、会場のテイストやゲスト、シーンに合わせて楽しめるのも魅力。
人気が高まっているフォトウエディングにも映える1着です。

organic cotton dress/¥220,000(税込)
*このドレスの試着予約はこちら

3.キャミソール×チュールのスレンダーラインドレス

チュール素材を使用したキャミソールデザインのスレンダーラインドレス“camisole tulle dress”。

出典:Seul

シンプルでありながら個性的でスタイリッシュなデザインのドレスは、ゆるくふわっと広がるシルエットが新鮮です。
やわらかで繊細なソフトチュールをふわりと重ねるようデザインされているので、空気をはらんだ優しげな印象に魅せてくれます。

華奢なモードさが魅力なスパゲッティキャミソールのディテールにデコルテを見せるデザインはインポートドレスのような洗練されたモードさを生み出します。

正面のシンプルなデザインに対してバックスタイルはぐっと大人っぽく、大胆なバックレスデザイン。
大きくV字にカッティングされたデザインは、背中を美しく演出し、女性らしい魅力をより引き立ててくれます。

出典:Seul

ヘルシーな肌見せ、裾にかけてふわっと広がるシルエット、華奢なキャミソールディテールを掛け合わせ完成した1着は「シンプルな個性派ドレス」を叶えてくれます。

camisole tulle dress/¥220,000(税込)
*このドレスの試着予約はこちら

4.2wayトップス×チュールのティアードスカートドレス

アシンメトリーなチュールスカートにシンプルなノースリーブを掛け合わせたAラインドレス“asymmetric dress”。

出典:Seul

幾重にも重なったチュールをアシンメトリーに施したボリュームのあるドレスは、見る角度によって表情が変わる魅力が印象的です。

やわらかなソフトチュールをふんだんに使用した華やかさを演出するドレスですが、あえて左右非対称にデザインすることで、ボリュームのあるチュールスカートも甘くなりすぎずスパイシーな印象を与えてくれます。
さらに縦のラインを強調してくれるので、ボリュームのあるシルエットもスタイルをよく見せてくれる嬉しいポイントも。

上半身はすっきりとシンプルなラウンドのノースリーブデザインに仕上げ、ボリュームスカートとのバランスを整えます。

背中を大きく見せるバックスタイルは、三角形型にカットされたデザイン性の高いバックレスディテール。
モードなバックレスディテールは、スウィートなムードが漂うドレスに大人の表情をプラスしてくれます。

出典:Seul

asymmetric dress/¥308,000(税込)
*このドレスの試着予約はこちら

5.コットンレースボレロの2wayスレンダーラインドレス

シルクシフォン生地のスレンダーラインドレスに着脱可能なコットンレースボレロをデザインしたスレンダーラインドレス“silk chiffon bolello dress”。

出典:Seul

ベースのドレスは上質なシルクシフォン生地を使用し、ベアトップ型のシンプルなスレンダーラインシルエットです。
素材の持つやわらかな肌触り、自然な落ち感にキナリ色が温もりを感じる仕上がりに。

着脱可能なコットンレースのボレロは、七分丈のバルーンスリーブデザイン。
あえて肌見せを抑えたラウンドネックに自然な風合いのコットン素材を組み合わせたボレロは、ナチュラルな着こなしにぴったりなアイテム。
背中にはクルミボタンをあしらい、アンティークな着こなしが叶います。

出典:Seul

ベースのビスチェドレス、ボレロを合わせたレースのロングスリーブドレスとして2wayで着用できるのは嬉しいポイントです。
さらにシンプルなデザインなので、スタイリッシュからナチュラルまでコーディネート次第で楽しめるのも魅力。

会場のテイストやシーンに合わせてスタイリングができるのは今のウエディングスタイルにもぴったりです。

silk chiffon bolello dress/¥209,000(税込)
*このドレスの試着予約はこちら

6.グレイッシュピンクのAラインチュールドレス

ソフトチュールにリバーレースをあしらったグレイッシュピンクのAラインドレス“grayish-pink dress”。

出典:Seul

淡いグレイッシュピンクはチュールの生地から染めあげた世界に1着だけのSeul(スゥル)オリジナルカラー。
トレンドのグレイッシュカラーは甘くなりすぎず、さりげなく肌のカラーをトーンアップしてくれるおしゃれカラー。

スカートはオリジナルのチュールをたっぷりと使用し、フランスの上質なリバーレースをポイントにあしらいます。
落ち着いたグレイッシュピンクとリバーレースの柔らかい雰囲気と大人の表情を見せてくれます。

ショルダーにも同じリバーレースを使用し、繊細なディテールがやわらかな雰囲気を印象付けます。
ハートカップの上にリバーレースを施しているので、デコルテをすっきりと顔まわりを華やかに魅せてくれます。

左ウエストから右肩にチュールをあしらい、縦のラインを強調することですっきりと見えるような細かなこだわりも詰まっています。

出典:Seul

ボリュームシルエットでフェミニンなスタイル、あえてパニエを抜いたすっきりとしたシルエットでナチュラルなスタイルとシーンに合わせたスタイリング変化もおすすめ。

grayish-pink dress/¥308,000(税込)
*このドレスの試着予約はこちら

7.ウエディングドレスの「持ち込み」って何?

Seul(スゥル)のウエディングドレスを結婚式で着たい!と思ったプレ花嫁のみなさんへ、ここからは「持ち込み」について解説します。

結婚式の「持ち込み」とは、結婚式場で取り扱っていないウエディングドレスやカラードレス、ドレスに合わせるコーディネートアイテムなどを外部から持ち込むことを意味します。

結婚式場に持ち込む場合の多くは「持ち込み料」というものが設定されており、一般的にはドレス1着につき3〜8万円ほどが相場とされています。

そんなウエディングドレスの持ち込みですが、結婚式を挙げた卒花嫁がアドバイスとしてよく口にするのが「持ち込みできる式場を選ぶべき」ということ。

なぜドレス選び経験者の先輩たちは持ち込みをおすすめするのか、メリットを確認していきましょう!

7-1.持ち込みのメリット

結婚式で式場にウエディングドレスを持ち込む場合、大きなメリットが3つあります。

1|式場の提携ドレスショップに制限せず、好きなドレスが選べる
一般的な結婚式場は提携しているドレスショップがあるため、実際に結婚式で着用するドレスは限られた枚数の中から選ばなくてはなりません。

その中にお気に入りのブランドやイメージ通りのドレスがあればラッキーですが、これだけドレス選びに悩む人が多いということはその1着を見つけるのは至難の技です。

特に1着ずつ丁寧に手作業で制作されている繊細なドレスは、ドレスの管理に時間と手間がかかることから提携ショップに置いていることは少ないのです。
提携先がその「限られたショップ」である可能性は限りなく低いですよね。

また、着たいドレスがそのショップに揃っていたとしても、場合によっては他の人の予約と日程が被ってしまったら選べないこともあります。
本当に着たいドレスを自由に選ぶのが難しいのが提携ドレスショップでのドレス選びなんです。

繊細で上質な素材を使用しているドレスを好きなショップから制限なく選べるのが「持ち込み」という最大のメリット。
Seul(スゥル)のドレスを着たいと思っているドレスこだわり派花嫁には、持ち込みという選択がおすすめ!

2|予算内でイメージ通りの結婚式ができる
意外なイメージを持たれる方も多いと思いますが、持ち込みのメリットは費用もお得なこと。
反対に提携ドレスショップの場合は、ドレスの選択肢が少ないため予算内で選ぶことが難しいのが現実です。

一般的に契約時の見積りでは、衣装代は最低価格で表記されているケースがほとんどです。
実際にドレスの試着へ行くと見積り額のドレスは1〜2着しか置いておらず、好みのドレスを選んだら追加料金が20万円かかってしまうなんてことも。

しかも、ドレスだけではなくベールやアクセサリー、ブーケ、そして会場装花やお料理…とイメージ通りのアイテムを選んでいくと、契約時の見積りからあっという間に100万円、200万円と追加費用が生じます。

3|手数料なしの本体価格のみでコストカットができる
提携ドレスショップで契約した場合の衣装代には「仲介手数料」も含まれています。
これは結婚式場とドレスショップで交わされている手数料ですが、実は新郎新婦が負担しています。
持ち込みであれば手数料なしの本体価格で借りることができるので、無駄なコストもカットできます。

何より「リアルな金額」がわかるのが持ち込みの大きなメリット。
もちろんSeul(スゥル)なら表示されている本体価格でレンタル可能です。
せっかくのドレス選びは予算に合わせながら、安心して選んでいきたいですよね。

▼関連記事
なぜ先輩花嫁はみんな「持ち込みできるようにした方がいい」と言うの?|その必要性を解説

7-2.持ち込みのデメリット

ドレスを持ち込む場合のデメリットも2つあります。

1|持ち込み料がかかること
持ち込み料の制度は結婚式場によって様々ですが、多くは「ドレス1着につき◯万円、小物1点につき○万円」と点数によって料金が発生します。

また、持ち込み自体が一切できない式場もあり、その場合は提携しているドレスショップで選ぶことしかできません。

式場やプランによってルールや料金が異なるので、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

2|式場と事前交渉が必要
提携先がある結婚式場では、そのドレスショップで選ぶことが前提となっていることがほとんどです。

多くの式場ではウエディングドレスの持ち込みについて教えてくれることはないので、自分で交渉が必要になります。
契約をしてしまった後からは変更ができないことが多いので、契約前の交渉が重要です。

必要なこととはいえ、結婚式場のプロを相手に交渉をするのはハードルが高いと感じる方も多いですよね。

しかし、トキハナ経由で式場を見学すると「式場との交渉なし」で「持ち込み料が無料」になります!

Seul(スゥル)のシンプルで個性的なデザインや繊細な素材、世界に1つだけのオリジナルカラーのドレスも持ち込み料を払わずに着用できるチャンスです。

8.まとめ|『Seul(スゥル)』のドレスをお得に選ぶなら「トキハナ」!

シンプルでありながら周りとかぶらない個性的なドレスを選びたいと思っているおしゃれ花嫁におすすめな「Seul(スゥル)」の紹介とウエディングドレス持ち込み情報をお届けしました。

Seul(スゥル)はシンプル、ナチュラルが共通のテーマとなっているドレスをオリジナルで作成し、花嫁の個性を引き出す洗練されたドレスがラインナップ。
素材やデザインにこだわり、上質なテキスタイルを使用し、一着一着丁寧に国内で全て手作業で縫製しています。

出典:Seul

デザイン、素材、色、着心地と周りと差のつくこだわりの1着を探している感度高いおしゃれ花嫁には、持ち込みという選択が理想を叶える近道ということがわかりました。
ぜひ、Seul(スゥル)であなたの理想の1着を探してみてくださいね!

結婚式場を決める前に!「トキハナ」でウエディングドレスを選ぶメリットとは?

トキハナは、持ち込みNGの式場も無料でOKになり、好きなドレスを着ることができる業界初(*1)の結婚式場の見学予約サービス。持込可能な式場数はNo.1(自社調べ)。

●トキハナから式場を予約すると、式場提携外のドレスも好みにあわせて選べる(一部対象外の式場あり)
●「気に入ったドレスが着られない」という後悔をする事がなく、予算内でイメージ通りに
●ドレス最大50%OFFクーポンがもらえる!
ドレスクーポンページへ
といった、多くのプレ花嫁さんに嬉しいポイントが満載!

つまり、ウエディングドレス選びをストレスなく楽しむには、式場が提携しているショップだけではなく、式場提携外のショップからもドレスを自由に選んで持ち込めるようにしておくことがポイントなんです。

詳しくはこちらの記事もCheckしてみてくださいね。

ウエディングドレスの”持ち込み”って何?運命のウエディングドレスを確実に着る方法
結婚式の持ち込みって何?持ち込みの仕組みとメリット・デメリット、持ち込み料相場を解説!
選ぼうとしている結婚式場は大丈夫?!結婚式で好きなドレスを確実に着るために今しておきたいこと

SPECIALスペシャル

7月美空間と美食が魅力 無料ご試食イベント お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング

CONTACT
お問い合わせ

式場のご紹介・見学予約代行・試着予約代行・お見積相談・予算シミュレーション・会場決定後もサポート

気軽にLINE相談(無料) オンライン相談予約(無料) 相談会一覧を見る
0120557504

営業時間 10:00-19:00|LINEは22:00まで

元プランナーに聞いてみる(無料)