結婚式関連情報をお届け|トキハナ(旧:Choole[チュールウエディング])

【後悔しない式場探し】式場見学前に確認するべき3つのこと

お目当ての式場が見つかったらいざ式場見学へ!
でもちょっとまって。何も準備・対策せずに見学へ行ってしまうと後悔することも。
見学前のちょっとの準備で結婚式の充実度も大きく変わります。
ここでは、元ウエディングプランナーだから分かる「後悔しない最も良い式場見学の方法」を伝授。ぜひご覧ください。
(文:深澤 まな美)

この記事をシェアする

1.式場見学後に後悔しがちな〇〇って?

結婚式イメージ

一生に一度の結婚式。
時間とお金をかけて行うお二人にとって初めての大きなイベントですが、実は多くの先輩花よめは式場選びに後悔しているという事実をご存知ですか。

結婚式を挙げた新郎新婦615名にお伺いしたアンケートでは、なんと68.5%の方が「式場選びに後悔している」と回答しています。

また、式場選びに後悔をしている方のうち、
式場決定前にやっておけば良かったと感じる項目として、
「予算を明確にしておくこと」…70%
「理想の結婚式のイメージの話し合い」…49%
「提携ドレスショップのラインナップを調べる」…46%
「結婚式経験者からアドバイスを聞く」…40%
が挙げられています。

リクシィ調査レポート

出典:トキハナを運営する(株)リクシィの調査レポート

多くの方が、結婚式の予算/費用面での後悔をしています。

トキハナでも結婚式の費用に関するご相談は多く受けており、その大部分が
「気になる式場の費用感がわからない」
「式場見学でもらう見積もりの妥当性を判断できるか不安」
などといった費用の不透明さに対する不安の声となっています。

事実、式場の雰囲気だけで見学を決めて、見学時に流されるがまま見積書を提示され、さらには今日決めれば数十万円値引きますという誘惑に負け、即決して後悔…なんてことは少なくありません。
つまり、不安が拭えないまま契約してしまうのです。

そういったことから、この7割ものカップルが後悔したと回答している訳ですね。

悩んでいる様子

では、後悔を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

ここからは、式場選びで後悔しないために、式場見学の前に確認したい3つのことをご紹介します。

2.【その①】事前に気になる式場の自分の見積もり額が分かるといい

まず一つ目は、気になる式場で自分の場合いくらになるのか、その見積もり額を事前に把握しておくこと

ここを知っているのと知らないとでは、式場決定後の満足感が全然違います。

例えば、式場見学時にもらう見積もりで350万円と提示されても、一体その金額が妥当なのか判断できません。ここで、事前にこの式場は350万円くらいだと分かっていれば、その見積もりをみても納得感があるので判断が冷静にできますよね。

結婚式は決して安くないお買い物なので、一定の判断軸は持って見学に臨みましょう。

自分で調べているイメージ

では、どうすれば気になる式場の見積もり額を知ることができるのでしょうか。

最近では、ネットで検索すると金額情報が出てくる場合もあるため、気になる式場名+見積もりなどで検索してみるといいでしょう。

ただし、ここで注意点があります。
それは、結婚式の金額というのは、諸条件によって個人差が大きく出るということ。
代表的なところでいうと、人数や時期による違いなど。
そのため、ネットに出ている金額と自分の金額は違うと思われたほうが賢明です。

例え、見積もり事例を100個見ても役に立つことは少なく、
さらには結婚式の見積もりは複雑になっていることから読み解くのに苦難し、自分の場合いくらになるかはわからなくなることが多々あります。

あくまでもネットの情報は参考程度として捉えておきましょう。

▶︎気になる式場の自分の見積もり額がすぐわかる?その方法はこちら

3.【その②】上がらない見積もり(最終見積もり)で考えておくといい

続いてのポイントは、事前に最終見積もりを想定しておくこと

通常、式場見学に行くと最低限の見積もりを提示されますが、「最終のお見積もりで200万円も上がってしまった」なんて声、よく聞きませんか。
これはどういうことかというと、結婚式の見積もり項目には様々ランクがあったり、さらにはオプションとして今後追加されるものもあり、初めてもらう見積もりはそれらを反映していないミニマムの金額の状態です。
その状態から、打ち合わせを重ねていくたびにランクアップやオプションが加わっていくため、結果200万円も上がってしまったとなる訳です。

▼さらに詳しく
結婚式の見積もり、実は3種類あるって知ってた?|結婚式のプロが費用について解説

契約時にこの金額だからと決めたのに、結果200万円も違うとなると、大きな後悔に繋がりかねませんよね。

なので、見学時にもらう初めての見積もりの段階で、できるだけ最終見積もりに近い状態にしておくことが大切です。

見積もりイメージ

最終見積もりに近い状態で初期見積もりを貰うためには、事前に自分たちの結婚式のこだわりを明確にする必要があります。
具体的には、各項目のグレードやオプションがどれくらい必要になりそうか洗い出す作業です。

例えば、料理のグレードを決めておくこと、予め着たいドレスの値段を把握しておくことの他、会場装花の総額なども想定できておくといいでしょう。

とはいえ、何十項目と見慣れない内容が続く結婚式の見積もり。
初めての結婚式でそれら全てを想定できる人はほとんどいません。

難しい場合は、気になる会場の卒花事例を探し、このボリューム感だといくらになるかなどを会場側に聞き、その内容で見積もり額を出してもらうのも一つの手かと思います。

▶︎最終見積もりを2分で想定できる?その方法はこちら

4.【その③】最大の割引を付けられるといい

最後のポイントが、見積もり時に最大の割引をつけること

結婚式の費用の割引適用は、見学時にもらう初期見積もりの段階のみ。そのため、この時にいくら割引が効いているかが肝なのです。

ネットなどをみていると、今なら100万円値引き!などといったキャンペーンもよく目にしますが、実はこの割引には様々な条件があることがほとんど。
例えば、○月○日挙式にて決定いただける場合や、平日限定など、実際は限られた人のみに適用される割引だったりします。
そのため、実際見学時にもらった見積もりについている割引は、ネットでみた割引とは違うなんてことも多いのでご注意ください。

▼関連記事
ブライダルフェア予約は式場直接とサービスサイト経由、どちらがお得?メリット・デメリット大公開

計算イメージ

そのほか、割引に関してはご自身で会場側と交渉ができたらそれも一つの手ですが、営業には慣れていますというおふたりですら、結婚式の見積もりは複雑で、交渉が難しいなんて声は多いもの。

これから時間をかけて会場側と結婚式を作っていくこともあり、初めの段階で気まづい雰囲気にもしたくないですよね。

4-1. 【裏技伝授】最終見積もりの方が割引特典が大きい可能性も

ここで一つ裏技をご紹介。

実は初期段階の見積もり額が大きいほど、割引額が大きくなるという可能性があります。

見積もり参照イメージ

どういうことかというと、初期段階の見積もりで、グレードの高い内容にしていたりオプション追加をして結婚式の単価を高く設定できていると、会場側もその分粗利を担保できるため、割引を大きく提示することが可能なのです。

つまり先に述べた「最終の見積もり」で考えられておくと、実はこの割引のところでも得をする可能性がある訳ですね。

初めてみる結婚式の見積もりなので、その金額や複雑さに驚いてしまうかと思いますが、きちんとした内容かどうか、どれだけ割引があるか、冷静に判断するようにしましょう。

▶︎交渉不要で最大割引が自動でつく?その方法はこちら

5.トキハナで全て解決!簡単&正確に見積もりがわかってお得に見学できる♪

ここまで式場見学までに準備しておくといい3つのポイントをお伝えしました。

【その①】
事前に気になる式場の自分の見積もり額がわかるといい
【その②】
上がらない見積もり(最終見積もり)で想定できるといい
【その③】
最大の割引を付けられるといい

でも、どれも自分で対策しようと思っても難しいもの。

そこで、是非ご利用いただきたいのがこのトキハナです。
トキハナは、花嫁の不安をトキハナちたいと誕生したサービスで、今回のような不安や課題も簡単に解消してくれます。

▶︎トキハナのコンセプトはこちら

では、具体的に何ができるのか、どう使えばいいのか、詳しく見ていきましょう。

5-1.気になる式場の自分の見積もり額がわかる

気になる式場の自分の見積もりを知りたい方は、トキハナの【まずは見積もり】がオススメ。

トキハナでは、個人個人の内容に応じたお見積もり額をお伝えしているため、
ご自身でネットで調べる手間も省け、業界を熟知したスタッフが算出した信頼ある金額を知ることが可能です。

トキハナで見積もりをもらう方法は、以下の通り。

①気になる式場の詳細ページより【まずは見積もり】ボタンを押して、LINEを登録

②LINE登録時のメッセージに表示されている回答フォームよりいくつかの質問に回答

その後、内容に応じた金額感を専門のスタッフより回答させていただきます。

LINEやりとりイメージ

この2ステップのみで気になる式場の見積もり額を把握することが可能です。

ちなみに、お目当ての式場がまだ見つかっていないという方には、【見積もり診断】もおすすめ。

この診断では、【まずは見積もり】同様に、あなたの結婚式のこだわりなどをお伺いしたうえで、結婚式の費用感とその内容にあった式場の提案もさせていただきます。

こちらもぜひご利用ください。

▶︎【見積り診断】の詳細はこちら

*いずれも無料で簡単にご利用いただけます。

5-2.最終見積もりを簡単に想定できる

先ほどお伝えしたように、初めてもらうお見積もりの段階でいかに「最終見積もり」を想定できるかは大事なポイント。
でも、自分で想定しようと思っても、複雑でなかなか難しいもの。

では、どうすればいいかというと、これもまた【まずは見積もり】を活用して想定することが可能です。
先ほどお伝えしたように、【まずは見積もり】では独自の回答フォームにお答えいただきます。

実は、この回答フォームでは金額が上がりやすいポイントを中心にあなたのこだわりもヒアリングしていて、
これに答えていくだけで、きちんとこだわりの詰まった内容となります。

専門スタッフより金額感をお伝えする際には、このヒアリング内容を元に算出していますので、自ずと最終金額に近い金額が分かる訳ですね。

また、その式場の見学にいきたい!となった場合、トキハナではお答えいただいたヒアリング内容を事前に会場側にお伝えしているので、会場見学時に提示される見積書も内容が反映された状態となります。

何度もヒアリングされることもありませんので、ご安心ください。

5-3.交渉不要で最大割引が自動で付けられる

トキハナで掲載している式場には全て「ベストレート保証」がついています。

このベストレート保証は、トキハナ経由で式場見学予約をすると、全ての方につく特別な特典。
交渉不要でMAX割引がつきます。

さらには、トキハナでは、即決の禁止を提携式場にお願いをしているため、即決を迫られる心配もありません。

お得にそして安心にご利用いただける「ベストレート保証」。
ぜひご利用ください。

▼さらに詳しく
【結婚式場探しの賢い方法】無駄な交渉なし!で費用を最大限抑えられる方法/コツとは?

6.まとめ|賢く結婚式を挙げるには見学時の対策が鍵

いかがでしたか?
結婚式の成功は、この式場選びの段階から始まっています。

でも、ネットでどれだけ調べてもわからない・見えない部分がたくさんで、不安は多いもの。
今回ご紹介した最も良い式場見学のポイント3つは全てトキハナをご利用いただくと解消できるので、これから式場見学を予定されている方はぜひトキハナを使ってみてくださいね♪

結婚式イメージ

出典:アルカンシエル南青山


トキハナは「新郎新婦の不安をトキハナちたい」「式場さがしの悩みを解消したい」そんな思いから生まれたサービス。

スタッフが心を込めて悩みに寄り添い、二人の状況にぴったりの式場やフェアを提案します。

トキハナサービス比較図

▶︎トキハナのコンセプトはこちら

トキハナでは、コロナ禍でも安心のLINE相談のほか、スマホひとつで簡単にできるオンライン相談会も随時開催。

「何から始めたら良いかわからない」「まずはダンドリを知りたい」という方も、ぜひお気軽にご利用ください。

▶︎結婚式のいろんな相談をLINEで!トキハナのLINE相談、詳しくはこちら
▶︎LINEの友達登録はこちらから!

LINEで相談

▶︎オンライン相談会詳細はこちら

by 深澤 まな美

トキハナMAGAZINE編集長/元ウエディングプランナー
結婚式の不安をトキハナツ式場探し「トキハナ」の編集担当。結婚式の費用、式場探し、トレンド情報などウエディングにまつわるあらゆる情報を発信していきます。

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング

CONTACT
お問い合わせ

式場のご紹介・見学予約代行・試着予約代行・お見積相談・予算シミュレーション・会場決定後もサポート

気軽にLINE相談(無料) オンライン相談予約(無料) 相談会一覧を見る
0120557504

営業時間 11:00-19:00|火曜日定休 (祝日を除く) 営業時間 11:00-19:00|火曜日定休(祝日を除く)

LINEで簡単にきいてみよう