どの式場も良く見えるけどピンとくる結婚式場が無いなら…「どんな結婚式にしたいか」を考えよう!

結婚式場を探し始めると、「どの式場も良く見えて、どう選べばいいか困ってしまう」という悩みが出てくるもの。
自分のお目当ての式場がズバリ見つかれば、写真だけではわからないサービスの質や金額、結婚式当日の内容を確認できれば良いと思いますが、ピンとくる式場が無い場合はどうすればいいか。この記事で、元プランナーの立場から紹介していきますね!
(文:安藤 正樹)

この記事をシェアする

1.「どの式場も良く見えるけどピンとくる結婚式場が無い」理由

どの式場も良く見えるけどピンとくる結婚式場が無い…、
そうなる理由は「自分たちがどんな結婚式にしたいか」のイメージができていないケースがほとんどです。

といっても、「どんな結婚式にしたいか?」を考えるのは、難しいもの。
考えなければならないことはいっぱいあるものですが、大きく分けるとこの3点に集約されます。

場所:どんな場所でやるのか?
内容:どんな内容にするのか?
費用:何名でいくらでするのか?

内容や費用が明確になっていると、その条件を満たす場所は自然と絞られてきます。
一方そこが曖昧だと、どの場所も素敵に見えてしまって選び方に困ってしまうのです。
また、内容や費用を曖昧な状態で場所を選んでしまうと、契約後に、やりたいことができないとわかってしまったり、金額が大きく変わって困ってしまうということにもなりかねません。

関連記事
後悔しない結婚式場探し!先輩花嫁の「もう1度結婚式するなら絶対にやっておきたい」ランキングTOP5

ピンとくる結婚式場が無い場合は、「内容」と「費用」を考えることからスタートしましょう。

2.「内容」と「費用」がわかると、「場所」はどんな風に見つかる?

「内容」と「費用」がわかると、「場所」は自ずと絞られてきます。

例えば、
「結婚式だからといってあまり特別なことはせず、ありのままのふたりを見てほしい」
「ゲストにはお料理を楽しんでもらって、後は自由に時間を過ごしたい」
「費用は自己負担で50-100万円くらいで」
という場合は、豪華な大階段があるような結婚式場よりも、家族や友人達と来たことがあるようなオシャレなレストランや隠れ家的な場所で、料理のコスパが良い結婚式場が良いと言えるでしょう。

どの結婚式場もwebでは素敵な写真が多数掲載されているものですが、得意な結婚式の内容やかかる費用は全く異なります。
それゆえに、「内容」「費用」を元に選んでいくと、候補になる式場は2-3程度になることがほとんどです。

なかには、どんな結婚式ができるのかわからない式場もあるかもしれません。その場合は、インスタグラムで卒花事例を調べるのも良いですし、中立の立場のサイトや会社に相談するのも良いでしょう。

▶︎「トキハナで相談できること」詳細はこちら

3.どうすれば「内容」と「費用」がわかる?

それでは、肝心の「内容」と「費用」はどのように考えるのが良いでしょうか。

「内容」については、今まで参加した結婚式を元に、「やりたいこと」「やりたくないこと」を洗い出してみるのがやりやすいでしょう。

参列経験が無い場合は、友だちに聞いてみたり、インターネットの情報を頼りにすることになると思いますが、ヒントにしていただきたいのは「なぜ結婚式をするのか?」ということ。
憧れの花嫁になりたいのか、感謝を伝える重要な場にしたいのか、家族の承認の儀式をけじめとしてやっておきたいからなのか。
その理由がわかれば、どんな結婚式にしたいかも自ずと見つかるでしょう。

出典:THINGS Aoyama Organic Garden. dth

また、「費用」については、結婚式の相場も参考にしながら、人数と開催時期を踏まえて考えましょう。

1人あたりのご祝儀は3.3万円と言われているので招待人数とご祝儀で支援される金額を想定しながら、開催時期にまでにお互いにどの程度の費用なら使えるのかを考えておくのがオススメです。
結婚式以外にも、引っ越しや新婚旅行などの支出も考えられるので、トータルで話し合っておくのも良いでしょう。

参考記事
▶︎結婚式のお金、実際のところ、おいくら?|最新相場
▶︎何にいくら?結婚式費用の相場【10項目】好きなものを選んで節約するコツも!
▶︎結婚式の見積もり、実は3種類あるって知ってた?|結婚式のプロが費用について解説

といっても、初めてのケースが多い結婚式。
それでも「内容」「費用」をイメージするのが難しい場合は、持ち込み自由な式場を選ぶという方法もオススメです。
持ち込みが自由だと、契約後にやりたいことが見つかったり、費用を調整したい時にも自由度が高いので、状況に応じて柔軟に選択することができます。

参考記事
なぜ先輩花嫁はみんな「持ち込みできるようにした方がいい」と言うの?|その必要性を解説

4.困ったら中立の立場の第三者に相談がオススメ

もう1つの方法が、中立の立場の第三者に相談がオススメです。

例えば、トキハナであれば、

・自分にあった結婚式がわかる「スタイル診断
・費用も安心「見積もり診断
といった様々な診断がLINEで用意されており、内容や費用がイメージできるようになっています。

また、トキハナのウェディング相談会では、「無料プランニング相談会」を実施しており、元ウェディングプランナーがカウンセリングした上で、おふたりの内容・費用を提案し、相応しい式場もご紹介しています。自宅から手軽にできる、オンライン相談会(30~60分)もオススメです。
▶︎オンライン相談会ご予約はこちら

参考記事
【結婚式場の探し方に新常識】見学前の相談でこんなに変わる?!提案型の相談サービス、トキハナの無料プランニングとは

結婚式場探しは初めての方がほとんど。
ですが、どんな結婚式になるかは選ぶ結婚式場次第で大きく変わります。

「内容」「費用」を考えておくと、「場所」は自ずと見つかりますし、契約後に困ることもありません。

さらに、トキハナで予約すると、希望する内容や費用をおふたりの代わりに式場にも伝えておいてくれるので、ゼロから説明をする必要がありません。また、ベストレート保証や持ち込み自由などの特別なプランが適用されるので、交渉不要でオトク&安心に式場選びが可能です。

後悔のない式場選びをして、理想の結婚式を叶えましょう♪

安藤 正樹(Twitter:@antimo
ブライダル業界歴11年。メディア執筆多数。

全国の式場と多くの接点をもち、ブライダル業界を牽引しているひとり。業界向けに役立つYoutubeも開設している。

SPECIALスペシャル

『ウエディングサーカス』相談会イベント|渋谷 お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング

CONTACT
お問い合わせ

式場のご紹介・見学予約代行・試着予約代行・お見積相談・予算シミュレーション・会場決定後もサポート

気軽にLINE相談(無料) オンライン相談予約(無料) 相談会一覧を見る
0120557504

営業時間 11:00-19:00|火曜日定休 (祝日を除く) 営業時間 11:00-19:00|火曜日定休(祝日を除く)

元プランナーに聞いてみる(無料)